fc2ブログ
eye

2023/01/09

BULLETBOYS/FREAKSHOW ブレットボーイズ フリークショウ

全国のロック・ファンのみなさん、こんにちは。メタル、プログレ、ハード・ロック、クラシック・ロック専門中古CDオンライン・ショップ、Ken's Attic ケンズ・アティックです。

88年にデビューを果たし、ガンズ以降山程湧いたとも言えるHR/HMバンドの一角ながら、MTVを中心にスマッシュ・ヒットを飛ばしたブレットボーイズのセカンド・アルバム、「フリークショウ」、入荷しました。

1_000000001768.jpg

ショップはこちら

彼等の個性は、テッド・テンプルマンがプロデュースを担当した事もありますが、VAN HALEN譲りのヴィジュアル、サウンドとされていました。


確かにエアロスミスやキッス、チープ・トリックからの影響をそのまま体現しているバンドは多くいましたが、ヴァン・ヘイレン・タイプのバンドはギタリストの影響を抜いては少なかったと思います。

ただブレットボーイズのヴォーカリスト、マーク・トリエンのユニークな声は、確かにデイヴ・リー・ロスを彷彿させるものもありますが、もっとねちっこさが目立つものとなっています。

ソング・ライティングにしても幅広い音楽性の中で鳴らされているアメリカン・ハードの王道路線ながら、グルーヴを大事にしたオリジナリティはそこかしこに見受けられます。

言う程ヴァン・ヘイレンか、と思える程、なかなか聴かせてくれるバンドだと思うのです。

最もVAN HALENっぽいと思われるナンバー、「Hang On St. Christopher」も、トム・ウェイツのカヴァーだったりします。

むしろ80年代マインドを捨てきれず、グランジ、オルタナなんのその、といった意地とプライドに満ちた正統派アメリカン・ハード・ロックを奏でる生真面目さが目立ち、個人的には好感が持ててしまいます。

スポンサーサイト



コメント

日本有事と急がれる改憲、大変恐縮に存じますがどうかこの危機を皆様に知って頂きたいです

日本存亡に関わる台湾有事危機が高まる中、
敵国が望む改憲阻止の為、中韓と連携し野党メディアが倒閣へ扇動をかける状況にどうか気付いて頂きたいです(09年は扇動が成功)

国防妨害一色の、メディアが全力で守る野党は、北と韓国政府から資金投入の朝鮮総連、殺人の革マル等反社勢との連携、大炎上中のcolabo等は一切報じぬ裏で、

中朝は核の標準を日本に向け、侵略虐殺を拡げる現在、日本の尖閣に侵犯を激化する中、改憲せず攻撃力を持たずの現防衛力では、

多くの日本人を銃殺した韓国の竹島不法占拠、北の日本人拉致、中国の尖閣侵犯にも、9条により日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ない事が示しています。

中韓の間接侵略は、野党が法制化を目指す外国人参政権や日本人のみ弾圧対象ヘイトスピーチ法、維新道州制等、多様性と言う"中韓の声反映"に進んでおり、

野党メディアが09年再現へ世論誘導をかける今、中韓浸透工作は最終段階である事、
日本でウクライナの悲劇を生まぬ為、一人でも多くの方に目覚めて頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
https://pachitou.com/2021/10/29
長文、大変申し訳ありません。
非公開コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR